ホーム > モバイルフレンドリーインデックスについて

- モバイルフレンドリーインデックスについて -

当ページにて紹介しているモバイルファーストインデックスについての記述は2017年7月19日(水)時点での記載内容となります。今後、モバイルファーストインデックスの仕様変更やアップデート、情報更新の際には情報に相違がある場合がございますので、予めご了承ください。

モバイルファーストインデックスとは。

>サイト訪問経路

従来、ウェブサイトのランキングアルゴリズムはPCページをメインにインデックスされておりました。それは検索の歴史上PCばメインのデバイスであったことを考えれば当然のことと言えます。

しかし、2015年時点で世界の検索需要は過半数がPCからモバイルに移行されたこともあり、ユーザーが検索を行いウェブサイトを閲覧するデバイスのメインはスマホとなっております。

>サイト訪問経路

そこで、検索アルゴリズムとしても、PCメインではなくスマホメインにインデックスし、最適化されたランキングが表示される仕組みとなります。
つまり、これまではPCサイトが主でスマホがサブページとして扱われてきましたが、モバイルファーストインデックス移行は逆転しスマホが主、PCがサブページとなります。
ただ、モバイルファーストインデックスについては今も誤解が多いのが事実であり、当社としても良くご相談をいただきますので、モバイルファーストインデックスの対策方法についてご紹介させていただきます。

モバイルファーストインデックスの対策について

まず、前提として以下のような特徴が上げられます。

  • 基本的にレスポンシブで作っているサイトはモバイルファーストインデックスで悪影響を受けない
  • PCと別でSPページがあるサイトは、今後はモバイルページを中心に作る必要がある
  • PCとSPでページが分かれている場合はそれぞれ、canonicalタグとalternateタグを記述する

現時点でモバイル対応が正常に行われているサイトの場合は、新たにモバイルファーストインデックス用に対策が必要となるわけではありません。

実際にこのモバイルファーストインデックスはどの程度ランキングに影響するのでしょうか。そこが最もサイトオーナー様、広報担当者様は気になるところでは無いでしょうか。

もちろん、実際にリリースされてからでないとどの程度ランキングが変動するかを確認することはできませんが、おそらく大きくは現在のランキングから変動しないことが考えられます。 なぜなら、ユーザーが本当に見つけたい情報が検索上位に表示される仕組みが以前として最優先に考慮されるるため、あまりランキングが変動しないように、調整されてる可能性が高いという可能性があるためです。

ただ、以下のようなサイトは事前に対策をしておきましょう。

モバイルファーストインデックスで影響を受ける恐れがあるサイト

>サイト訪問経路

  • SPとPCで別URLで運営している
  • 特にSP版URLで重要な情報が抜けているページがある
  • SPとPCでcanonical・alternateタグの対応が出来ていない

URLが同一でも、動的配信(ユーザーエージェントによって見せるコンテンツを変える手法)の場合もございますが、このケースはPCとスマホで大きく内容が異ならなければ問題ありません。

MFIのみで完結する話しでは無いというのが実際のところ

そもそも、PCとスマホではユーザーの利用環境が異なるために、それぞれのデバイスで最適化された情報、ユーザーインターフェイスを実装しているケースが多数ございます。そのような際にPCとスマホで情報が異なるためにランキングにマイナス影響が出るのは正しい検索結果とは言えないという問題があります。

そのため、意図的に表示している内容をPCとSPで分けている場合も最終的にはモバイルファーストインデックスを最重視するのではなく、「ユーザー体験として何が良いかを決める」のがベストな判断だと考えられます。

ページスピードについて

モバイルファーストインデックスでは当初、ページスピードは評価に影響しないということが公式に発表されていましたが、その後conferenceでのGoogle技術者の発言などにより、ページスピードはモバイルファーストインデックスに影響することが明らかとなりました。

そのため、まだページスピードの改善余地がある場合は一通りの対策を実施しておくことが望まれます。

コンテンツ製作について

コンテンツについては、モバイルファーストインデックス移行、スマホサイトが主、PCサイトが従となる関係上、「検索にヒットさせたいページのコンテンツはモバイルページに掲載する」ということをルールにしておきましょう。

その他のサービス

その他の関連記事

SEOブログ

Google、AMPをモバイル検索に反映を正式公開|SEOへの影響は? / DMCAとは / ボットとは / ディープラーニングとは / モバイルフレンドリーテストツールが新しくなった / AMPとは / Rank Brainとは / Instagram広告が大手企業でなくても配信可能に / インフルエンサーとは / Lazy Loadの画像について / EFOとは / PCサイトを作らず、モバイルサイトだけを作っても問題は無いか? / パーチェスファネルとは / ナビゲーショナルクエリとは / トランザクショナルクエリとは / インフォメーショナルクエリとは / AdWords広告のリンクはSEO対策上有利に働くか? / インタースティシャル広告とは / Google Search Consoleとは / ベニスアップデートとは / スマホSEOとは / アノテーションとは / gTLDとは / 自然言語処理とは / Now on tapとは / 形態素解析とは / アンサー度とは / 離脱率とは / マシンリーダブルとは / 日本語URLとは / クオリティアップデートとは / ユーザービリティテストとは / イベントトラッキングとは / ページネーションとは / KPIとは / App Indexingとは / 検索アナリティクスとは / モバイル対応ラベルとは / ピジョンアップデートとは / GoogleWebmastertoolsがサービス名変更 / ... 続きを見る

マッハ!SEO 人気エリア

[大阪,東京,千葉,京都,沖縄,鹿児島,宮城,兵庫,広島,和歌山]
2014年1月-2015年1月でSEO対策に取り組む企業の多いエリアとなっております。 基本的に当社SEOサービスへはご紹介やSEO勉強会などに参加された方が多いのが現状ですがそれでも数多く存在するSEO業者の中から直接ご指名頂く傾向が増えてきております。

上部へ

Copyright 2017 HUGO,Inc. All Rights Reserved.